ギフト±【漫画2巻】あらすじネタバレ情報

ギフト±【漫画2巻】

──ギフト±──

>>スマホでいますぐ読めます<<

サイト内【ギフト】で検索♪

まんが王国【スマホ専用】

今だけ1巻無料配信中!!

 

 

「佐藤若菜は捕ってはいけない鯨だったんだ」

──ギフト±【2巻】──

作者:ナガテユカ

 

>>漫画【ギフト±】試し読みはコチラから

まんが王国【スマホ専用】

サイト内【ギフト】で検索♪

試し読みは完全無料で楽しめます♪

 

【あらすじ】

 

ギフト±1巻より引き続き登場のアイちゃん。環とは対極的で健康的な外見ではありますが、

 

1巻での売春斡旋の件もあり、何か後ろ暗いものを抱えている印象です。

 

謎だった林先生と環の関係が少しずつ紐解かれていくのにも緊張感が増しますが、

 

ギフト±2巻、何よりの見所はお手軽に抜かれる眼球とかわいそうな睾丸ですね!

 

不穏な空気が感じ取れるリュウとアイの企みが露わになるギフト±2巻です!

 

※前巻同様、若干の性描写とグロ表現があります。男性には少々辛い描写があります。

ギフト±2巻ネタバレ情報

主人公の鈴原環に友達ができます。

 

アイと名乗る彼女はリストカットの痕が痛々しい少女。

 

佐藤若菜との待ち合わせになぜかアイが現れ友達になってほしいこと、

 

所在のわからない若菜が戻るまでの間、

 

アルバイトの手伝いを環に持ち掛けます。

 

このバイトを始めてリストカットをやめることができたと笑顔で話すアイを見て、

 

環は何を思うのか…。

 

 

そんなとき、3日前隅田川で発見された女性の水死体が佐藤若菜であったと発覚します。

 

女性刑事が阿藤に話した内容によると、

 

若菜の遺体の傷は生きたまま臓器を抜かれたもの。

 

しかし上からの圧力で溺れたことによる溺死。つまり事故死として処理される──。

 

タカシの調べで若菜は内臓を抜かれただけでなく、歯と眼球も抜かれていたようです。

 

「目的は臓器売買…… つまりオレらの同業の仕業ってことだ」

 

ニュースで報じられた「死因は溺死」に何らかの大きな力が働いたと見たタカシ。

 

正体の目処が立つまで「捕鯨活動」の延期を環に言い渡します。

 

環はアイに誘われたバイトを始めることをタカシに報告。

 

アイのことを「腕にいっぱい傷があってそのバイトを始めたら切らなくなった」と説明したところ、

 

タカシから友達は選べと言われ、

 

ギフト±ではちょっと珍しいゆるいシーンとなりました。

 

 

佐藤若菜の死から、ギフト±の物語は大きく動き始めます…!

 

林先生のもとへ現れたのはリュウと中国マフィアのボス呉(ウー)氏。

 

先生に、

 

自分たちが建てる移植専門病院のトップになってくれとビジネスの話を持ち掛けます。

 

「大陸に還れ これ以上我々の漁場を荒らすな」

 

上等な国産の内臓の品質管理が貴様らにはできない、

 

台無しにすると先生は申し出を突っぱねます。

 

再度交渉に来ると言い残し去った後、

 

リュウはボスに林先生に銃口を向けたことをなぜ止めたのかと抗議します。

 

「この前お前が壊した商品の分だ」と言ってボスはリュウの左目を抉り取りました。

 

リュウが女性を殺すシーンがあったのですが、この人は商品だったようです。

 

このことでチャラだとボスは言いました。

 

リュウさん、手酷くお仕置きされてしまいましたね。

 

一方タカシはやっと林先生と連絡がつき、危険な状態にあることを告げ、

 

手下を使いに出し、逃がすことを提案します。

 

結論から言うと失敗し、先生は拉致され人質になります。

 

リュウはボスを殺し(右目を箸で抜き取るところにリュウさんのこだわりが見られます)、

 

タカシとの交渉の材料としてその首を持参。

 

臓器市場の拡大のために日本を狙っており、タカシへビジネスの話を持ち掛けます…。

 

そして場面は変わりアイの手により監禁された環。

 

リュウは環の服を脱がせ、全裸でのしかかります。

 

目を覚ました環

 

「あなた捕らなきゃいけない鯨だったんだ」

 

リュウに首を絞められても抵抗もせずじっと見つめる環。

 

環が向けた指先に本当に内臓を抉られたのかと錯覚を覚え、リュウは狼狽します。

 

環の手により睾丸を潰され
(片方だけ。不妊治療に使えるから両方はもったいないとのこと。)

 

薬を打たれて意識を失う直前──環が解体屋であることに気付くのです。

 

その後、部屋に入ってきたアイを環はスタンガン片手に迎え──

 

 

「鯨には二種類ある──捕っていい鯨とそうじゃない鯨
あなた達は佐藤若菜を 捕ってはいけない鯨を捕った──」

 

アイを気絶させた環はタカシに連絡をし、迎えを頼みます。

 

 

「鯨を二頭捕まえた───」

 

 

 

ギフト±ストーリーが加速する!!

「あたしが感じるのはたくま先生だけ──」

 

人間(クジラ)は無駄な所は無いから───捕ったら完全に利用する。

 

命は大事に使わなきゃ。

 

環は命への信念を貫き通せるのか。

 

タカシの環への執着─「環はボクだけのモノだ!!」─とは何なのか。

 

謎が紐解かれ深まり、ストーリーが一気に加速するギフト±2巻。

 

紙一重の正義と悪。ぶっ壊れた人形の揺らがぬ信念に心を奪われます!

 

>>漫画【ギフト±】試し読みはコチラから

まんが王国【スマホ専用】

サイト内【ギフト】で検索♪

試し読みは完全無料で楽しめます♪