ギフト±【漫画4巻】あらすじネタバレ情報

ギフト±【漫画4巻】前半

──ギフト±──

>>スマホでいますぐ読めます<<

サイト内【ギフト】で検索♪

まんが王国【スマホ専用】

今だけ1巻無料配信中!!

 

 

「あたしの肉体(からだ)はあんたの魂にくれてやる」

──ギフト±【4巻】──

 

作者:ナガテユカ

 

>>漫画【ギフト±】試し読みはコチラから

まんが王国【スマホ専用】

サイト内【ギフト】で検索♪

試し読みは完全無料で楽しめます♪

 

【あらすじネタバレ】

 

ギフト±3巻にて元刑事の私立探偵・阿藤と環が接触しました。

 

「君を探している人がいる──俺はその人に君を探してくれと頼まれた」

 

ほんのわずかな時間の接触が、物語の流れを変え─大きく動きます。

 

それぞれの決意が絡まり、運命の歯車が加速する

 

ギフト±激動の第四巻!!

 

※暴力・グロテスクな表現があります。苦手な方はご注意ください。

ギフト±4巻ネタバレ情報【前半】

自分を探す人間─そんなの琢磨先生しかいない

 

そう気付いた環は、

 

阿藤元刑事に会うことで琢磨先生に近付けるのではないかと考えます。

 

加藤に電話をし阿藤に会えないかと尋ねるも、

 

加藤からの返答は、

 

現在意識不明の重体で会っても話ができる状態ではないというものだった。

 

一方、阿藤と連絡をとりながら彼の救出に向かう瑞希。

 

阿藤が加藤警部から撃たれたこと、

 

加藤が警察や政府の中枢とつながりがある筈ということを聞きます。

 

 

「何で正義の味方になりたいなんて思ったんだ」

 

 

阿藤は薄れていく意識の中、

 

自身の知る情報を瑞希に託します。

 

臓器を抜くターゲットである犯罪者が鯨と呼ばれていること、

 

そして鯨を解体させられる“あの子”もまた被害者であること…。

 

 

「…もしまだお前が…俺の“正義”を信じるってんなら─…
お前…俺のかわりに“正義の味方”になってくれるか」

 

 

瑞希が到着したとき、阿藤はすでに事切れていました。

 

彼女は自分がこの場にいた痕跡を残さないよう手袋をし、

 

阿藤が握りしめていたスマホを手に取ります。

 

(その中には、阿藤の血がついたSDカードが入っていました。)

 

そして、証拠の残る情報端末を全て処分し、

 

途方に暮れ雨の中佇むのでした。

 

 

阿藤と接触をした際に、

 

加藤が来なければ琢磨先生と会えたかもしれない─

 

そう思った環は、阿藤と接触をした場所へ再度立ち寄ります。

 

しかし、阿藤がいた痕跡(血のあと)は消されていました…。

 

遅くなったことでタカシが心配するかと考えながら帰路に就く環。

 

 

「…また心臓がヘンだ…たくま先生のこと考えると
 あたし──フツウじゃなくなる」

 

 

そのとき、環は背後から来た車に連れ込まれ、

 

2人の男に羽交い絞めにされます。

 

運転手を含めて男が3人車に乗っていました。

 

一人の男が環のスタンガンを見つけ、手に取ります。

 

 

「…あ…それダメ…使ったら…」

 

 

環の制止を無視し、男がスイッチを押し、電流が流れ──

 

…いち に さん

 

三つ数えたと同時に、男が倒れました。

 

倒れた男からスタンガンを取り返し、

 

もう一人の男を倒します。

 

このスタンガンは、

 

環以外の人がスイッチを3秒以上押すと感電する仕組みになっていたのです。

 

運転手の男が、環との噛み合わない会話に薄ら寒いものを感じたとき、

 

環はこの男がネットのニュースで話題になった人物だと気付きます。

 

気付かれたことに焦った男は、

 

環を殺そうとナイフを取り出し──

 

 

「よかった…あなたが“鯨”で──」

 

「捕らなきゃいけない“鯨”なら ちゃんと間引きしないとね」

 

 

タカシの鯨リストによると、

 

この男は10年前女子高生をリンチ監禁した上に殺害した事件─

 

その犯行グループのリーダー格である人物だったのです。

 

男は未成年だったため、

 

顔も名前も公にはなりませんでした。

 

しかし、“義憤”にかられた人たちが調べ上げ、

 

ネットに晒したことから当時はかなり騒がれたようです。

 

「そういう彼のような“隠れた鯨”を引き寄せる そこが環の一番すごい所かもね」

 

鯨は主犯の男だけで、解体の前にやるべき事があるとタカシは言います。

 

それは、“鯨”の臓器が欲しい客との適合検査(マッチング)──

 

新鮮な臓器を取るために、それが済むまで鯨は“いけす”で健康的に太らせる。

 

そうして、主犯格の男は閉じ込められ監禁されたのです。

 

環はタカシに、

 

加藤が阿藤を撃ち、

 

その後重体で面会謝絶と言われたことを話し、

 

阿藤のことを調べてもらうよう頼みました。

 

 

阿藤のPCを調べていた加藤。

 

そのPCは起動後ウイルスに感染し、

 

データ復旧が困難になりました。

 

阿藤がPCを調達した手段を考え、

 

阿藤と付き合いのある人物──

 

瑞希にたどり着きます。

 

“加藤警部”として瑞希に電話をした加藤。

 

阿藤の死亡時刻の瑞希のアリバイを確認。

 

知らないふりをする彼女に、

 

指名手配中の阿藤圭介が死亡したことを伝えます。

 

腹部に一発、何者かに撃たれたことによる失血死──

 

そして改めて再度瑞希に同時刻何をしていたのかを尋ねました。

 

食事に出ていたと嘘をつく瑞希に、

 

誰かから連絡があったということはないかと揺さぶりをかけます。

 

瑞希を揺さぶり、ボロを出させるために、

 

「二人が付き合っていたと聞いたが、

 

死ぬ前に連絡も寄越さなかったということは

 

その気になっていたのは瑞希だけではないのか」

 

と揶揄するように言いまいした。

 

嫌な眼鏡です。

 

それは根拠のない噂であり、

 

阿藤圭介との男女関係は無かったと言い、電話を切った瑞希。

 

その目からは大粒の涙が零れていたのでした──…

 

そして、瑞希は伸ばしていた髪を─阿藤がいいと言った髪を切り、

 

覚悟を決めました。

 

 

「あたしの肉体(からだ)はあんたの魂にくれてやる」

 

 

>>漫画【ギフト±】試し読みはコチラから

まんが王国【スマホ専用】

サイト内【ギフト】で検索♪

試し読みは完全無料で楽しめます♪

ギフト±【漫画4巻】あらすじネタバレ前半記事一覧

正義の味方、フレームアウト>>漫画【ギフト±】試し読みはコチラからまんが王国【スマホ専用】サイト内【ギフト】で検索♪試し読みは完全無料で楽しめます♪──ギフト±──第29話「救ってくれ」作者:ナガテユカ加藤に撃たれ意識を手放そうとした阿藤を呼び戻したのは瑞希からの着信でした。盗聴される可能性を危惧し、用意しておいたプリペイドのケータイで連絡をした瑞希。阿藤の息が荒いことから、けがをしていることを察...

ああ、目も閉じられない。>>漫画【ギフト±】試し読みはコチラからまんが王国【スマホ専用】サイト内【ギフト】で検索♪試し読みは完全無料で楽しめます♪──ギフト±──第30話「リアリティ」作者:ナガテユカ倉庫街のような場所でタクシーを降りた瑞希。証拠が残らないよう手袋をし、中へ入ります。懐中電灯で照らしながら慎重に進むと、足元に血痕──そして瑞希の目に映ったのは、加藤の部下の死体と動かなくなった阿藤圭...

>>漫画【ギフト±】試し読みはコチラからまんが王国【スマホ専用】サイト内【ギフト】で検索♪試し読みは完全無料で楽しめます♪──ギフト±──4巻 第31話「いけす」ナガテユカギフト±第30話にて、車で拉致された環。危険な状態にありながら冷静な様子の彼女──。いったいどうなってしまうのか、緊張のギフト±31話です。環から奪ったスタンガンを片手に持ち、品定めをする男。男がスタンガンのスイッチを押し『…い...

失われた命を繋ぐのは──。>>漫画【ギフト±】試し読みはコチラからまんが王国【スマホ専用】サイト内【ギフト】で検索♪試し読みは完全無料で楽しめます♪──ギフト±──4巻第32話「くれてやる」ナガテユカ心揺さぶる駆け引きに息が止まる。阿藤のPCは、起動した直後ウイルスに侵され、情報の調達が難しくなりました。このPCを調べていた警察は、いざという時のために元からウイルスを仕込んでいたのではないか─それ...