【ギフト±】漫画第2話「人助け」ネタバレ情報

【ギフト±】第2話「人助け」

美麗な線で描かれる、命への深い情愛

今だけ1巻無料配信中!!

>>漫画【ギフト±】試し読みはコチラから

【ギフト±1巻】

【ギフト±】漫画第2話「人助け」ネタバレ情報

まんが王国【スマホ専用】

サイト内【ギフト】で検索♪

試し読みは完全無料で楽しめます♪

──ギフト±──

 

第二話「人助け」

 

作者:ナガテユカ

 

 

「仕事する相手に敬意を払うの」

 

「そういう気持ちって大事だよね…」

 

作業着に身を包み、並べられたナイフを見下ろし微笑む環。ギフト±第一話で捕獲した鯨の解体シーンから第二話は始まります。

 

タカシの情報によると、この男は18歳の時に強姦殺人で捕まっている。

 

少年法の最長15年の実刑で済んだが、実はもう2件の余罪があったのです…。

 

しかし、この2件は証拠不十分で起訴されなかった──。

 

タカシが洗い流してみたところ、この2件もこの男の犯行で確定。

 

正真正銘の連続殺人鬼(シリアルキラー)それがこの男の正体でした。

 

 

たくさんのモニターを並べ、タカシが行っていたのは適合検査(マッチング)。

 

人には、相性があり、性格などの内面的なものだけではなく肉体的にもあるのです。

 

警察─犯罪者のデータベースにある情報(血液型からDNAまで)に合った移植希望者を選定します。

 

選ばれた客のみが希望の臓器を手にすることができます。

 

この選定作業はタカシの仕事。

 

そして環の仕事とは、鯨の解体─

 

麻酔は使わないのか、殺すにしても生きたまま内臓を抜くなんて…と言う部下にタカシは、

 

「殺る」なんて生産性も無いし悪趣味だと言い放ちます。

 

「このオッサン一人の命でいくつもの命が救われるんだ これは『殺し』じゃない…解体だ」

 

 

穏やかな表情で男の胸にナイフを沿わせた環。

 

「命をありがとう」

 

一筋の線が走り、鮮血を浴びる環の表情はマスクで隠れて見えません。

 

刑務所で健康的な生活を送ったとみられる男の臓器はいい色をしているらしく、

 

おそらく「使える」ものなのでしょう。

 

タカシは言います。

 

解体は環が一番巧く、そしてそれが環の存在価値だと─。

 

解体された男には生きている時は存在価値なんてなかった。

 

しかし、解体されたことによって初めて社会に貢献できました。

 

社会のクズに存在価値が生まれた…。

 

 

「…命は神様からの贈り物 それをより良い形で再配分するの これも人助けだよ」

 

そう言って、笑顔を見せる環は、年相応の少女に見えたのです。

 

 

 

─需要があるから供給がある

 

何かを待つ林先生に、バイクに乗った男が接触します。

 

林先生は封筒に入ったお金を渡して男からクーラーボックスを受け取ります。

 

ヘルメットをしているのでこの男の顔はわかりません。

 

クーラーボックスの中には腎臓(キビダンゴ)がペアで。

 

これを取り出したのはかなりの腕の持ち主で、〆てすぐの出物と、

 

林先生のお医者さん目線で見てもこの腎臓がイイものであることは確かなようです。

 

 

─例え非合法でも──

 

─需要があるから供給がある それだけの話だ

 

 

日本において移植希望者は年間で約12万人

 

しかし、この希望者の中で実際に移植を受けられた人数は3千万人足らず。

 

国内での正規の移植はハードルが高く、

 

仮に移植を受けられたとしても健康体に戻れることは絶対にないそうです。

 

移植をしても拒絶反応を抑えるために何種類もの免疫抑制剤の投与が必要で、

 

しかも移植された臓器の機能は健康時の本来の自分の臓器の20%に落ちます。

 

それでも、一縷の望みにかける移植希望者の数が減ることはありません。

 

林先生(英琢磨)が指名手配犯になりながら闇医者として医療に従事するのは環を探し出し治すため。

 

3年間勤務していた「英医院」にて医院長の殺害並びに放火の疑いで指名手配され、

 

その後林と名を変え闇医者となりクリニックを開業。

 

林先生が探す「たまきちゃん」が見当たらないと、探偵─阿藤が何やら動いています。

 

環は林先生が営む闇クリニックがある建物の前で彼の指名手配ポスターを見て

 

「…琢磨先生…あのね あたし…とっても上手になったの 先生がホメてくれた時より…ずうっと」

 

「─いつか見せてあげたいな……先生…会いたいな…」

 

と、寂しそうに目を伏せるのです。

 

その後ろで先生が建物に入っていくのに気付かずに……。

 

 

林先生が希望者の男性に移植したのは、恐らく環が解体した男の腎臓。

 

二人の運命は交わっているのにその身はすれ違うのです…。

 

会いたいと呟いた環の表情が切なく、胸を締め付けられるようです。

 

 

 

ギフト± 第二話「人助け」

 

 

 

ナガテユカ氏の美しい絵が紡ぐ繊細なストーリーと、ダイナミックな解体シーンに目を奪われます。

 

ギフト±にはグロ表現があるので痛々しい描写が苦手な方にはつらいかもしれません。

 

こういったシーンが、絵がきれいなこともありとてもリアルに描かれています。

 

読むときは少し覚悟が必要かもしれませんね(笑)

 

今だけ1巻無料配信中!!

>>漫画【ギフト±】試し読みはコチラから

【ギフト±1巻】

まんが王国【スマホ専用】

サイト内【ギフト】で検索♪

試し読みは完全無料で楽しめます♪