【ギフト±】漫画第36話「遺志」ネタバレ情報

【ギフト±】漫画第36話「遺志」

暗い思惑はじわじわと、そして確実に侵食していく。

>>漫画【ギフト±】試し読みはコチラから

まんが王国【スマホ専用】

サイト内【ギフト】で検索♪

試し読みは完全無料で楽しめます♪

 

 

──もう殺されてるのかも─

 

 

 

ギフト±4巻第36話「遺志」

 

ナガテユカ

 

 

大量のモニターの前で、

 

タカシと環が会話するところから第36話は始まります。

 

ギフト±第35話で解体された

 

“鯨”とその仲間である二人の男─

 

こいつらに環を襲うよう仕向けた人物が気になったタカシは、

 

放流した仲間二人のあとを、

 

スマホのGPSを使って追跡しました。

 

しかし、繋がらないことから…

 

もう殺されているのかもしれないという結論に至ったようです。

 

 

その仲間二人を殺したことで、叱られてしまった人物…

 

そうです、リュウさんが帰ってきました。

 

ホテルの一室でシャワーを浴びているリュウさん。

 

ベッドには女が眠っています。

 

スマホに加藤から着信が入り、

 

睡眠を妨害された女がスマホを手に取るも、

 

リュウさんに取り上げられます。

 

女の髪を掴み、さっさと出て行けと言っただろうと、

 

いきなりベッドサイドの棚の角に叩き付けるリュウさん。

 

かわいそうな彼女は血飛沫と共に歯がぶっ飛んでいました。

 

「死にたくなきゃさっさと出てけ」

 

そう言い捨てて電話に出ます。

 

秋光崇ら“捕鯨屋”にけしかけた

 

“鯨”の仲間二人が東京湾に浮かんだ──

 

これがリュウの仕業なのか。

 

加藤のその問いに対しリュウさんは、

 

それくらいどうってことないと答えます。

 

加藤の立場であれば、いくらでももみ消せるのでは?

 

なんてことを言っています。

 

それに対して加藤はバカを言うなとぴしゃり。

 

そりゃあそうですよね。

 

例の計画がそろそろ発動させることになるので

 

余計な面倒は控えたい─

 

個人行動(スタンドプレー)

 

は控えろときつく叱られてしまいます。

 

素っ裸で微笑むリュウさんは、

 

わかりました先生と、

 

素直に従うのでした。素っ裸で。

 

 

一方、

 

午後診療の時間まで仮眠をとっている林先生を訪ねる人物が。

 

ドアをノックする音で目覚めた先生。

 

時計の時刻は1:58。

 

ドアを開け、

 

そこに立っていたのは大きなサングラスをかけた髪の短い女性。

 

診療の開始が午後3時からだと女性に言ったところ、

 

「阿藤が死んだの」

 

まさかの返答が返ってきました。

 

林先生は阿藤が死んだことをまだ知りません)

 

驚いた先生は、女性を問いただそうとしました。

 

女性は、大声を出してはいけないこと、

 

ここ以外で2人で話せる場所はないかと聞きます。

 

2人は公園に移動し、ベンチに座って話し始めました。

 

場所を変えた理由は、

 

盗聴器や監視カメラの心配があるから。

 

これらの事件に関わるには

 

それぐらいの用心深さが必要なのだと女性は言います。

 

これらの事件とは、

 

隅田川で発見された女子高生の水死事件。

 

実は内臓を抜かれた他殺体であったもの─

 

彼女は、私が担当した事件だと言います。

 

林先生は提示された警察手帳で

 

彼女が警察であることを知りました。

 

そして、プティシャトン事件。

 

大物政治家や、

 

大勢の金持ちの顧客が関わったとされる少女売春事件─

 

阿藤が警察を辞めるきっかけになった事件です。

 

この二つの事件が繋がっていると阿藤は睨んでいた。

 

そしてもう一つ──

 

3年前の「英医院放火殺人事件」

 

犯人とされる英琢磨が“林”と名を変え、

 

クリニックを営んでいることを女性刑事は知っていました。

 

しかし、彼女は林先生を逮捕する気はなく、

 

阿藤が先生を信じていたから、自分も信じると

 

“たまき”という少女を見つける事が

 

これらの事件の解決に繋がる事を──

 

 

「私は桜田瑞希。阿藤の意志を継ぐ者よ…」

 

 

 

 

ギフト±4巻第36話「遺志」

 

リュウさん両目満足で帰ってきました。

 

無くなったはずの片目がちゃんとありました。

 

義眼でしょうか。

 

それともメインテーマの移植でしょうか。

 

何にしてもよかったね!

 

加藤に叱られてもまるで懲りてないリュウさん。

 

リュウさん=素っ裸みたいなイメージがついてしまっています。

 

先生(加藤)の言う、例の計画とは何なのでしょうか─!

 

きっと、いいことではないんでしょうね。

 

>>漫画【ギフト±】試し読みはコチラから

まんが王国【スマホ専用】

サイト内【ギフト】で検索♪

試し読みは完全無料で楽しめます♪